保護司会

image001札幌市東区保護司会〜北分区会

保護司は、法務大臣から委嘱される非常勤の国家公務員です。
安全・安心な地域社会を創るために、私たち保護司は社会奉仕の精神をもって罪を犯した人や非行にある少年たちの社会復帰を助けると共に犯罪予防のために世論啓発に取り組んでいます。
東区内は現在8地区、71名が活動中です。
丘珠地区は、北分区会(15名)に所属しており、岩崎裕子(玉宝)・小林良彦(玉宝)・豊嶋直子(新栄)・木戸口あさ子(ひばり)の4名が委嘱されています。

活動内容

個別での活動する事もあれば、保護司会と呼ばれる組織単位で活動することもある

  • 保護観察を受けている人と面接をおこない、指導や助言をする。≪個人≫
  • 刑務所や少年院にいる人が、施設を出た後に帰る場所の環境を調整する≪個人≫
  • 犯罪や非行の予防をするため地域での啓発活動をする≪組織≫

『社会を明るくする運動』

毎年7月は、強調月間です。年間を通して区分毎にいろいろな事業展開しています。

『社会を明るくする運動』

社会を明るくする運動月間の7月15日東区民センターに於いて東区保護司会(学校部会と研修部会)と東更生保護女子会との共催で開催しました。
宮浦東区町・二階堂札幌保護観察所長はじめ区内少年補導員、小中学校関係者、青少年育成委員、協力雇用主会員他、更生保護女性会員、保護司会員が150名程集いました。

~H14.9.15.更生保護女性会と共に!  丘珠神社例祭境内にて~

~H14.9.15.更生保護女性会と共に!  丘珠神社例祭境内にて~

PAGETOP
Copyright © 2014 丘珠連合町内会 All Rights Reserved.