交通安全四団体

丘珠地区交通安全運動推進委員会

札幌市交通安全運動推進委員会は、昭和37年に市議会で採択され、市民の皆様と共に交通安全撲滅に取りくみ設立した団体です。

この主旨に沿い、本会は丘珠地区内に交通事故を防止するため関係団体と連携をはかり、推進委員会(斉藤)、安全協会(後藤)、指導委員会(本庄)、母の会(小林)交通4団体総数28名他、会長、各町内会長、交通担当者総勢45名、各小学校、トラック協会の御支援を賜り啓発運動を実施しています。

昨年は春、夏、秋、冬市民総ぐるみ運動各10日間各期(3回12日)、空港管制塔前各地区小学校(丘小、伏古北小、栄南小)最寄の場所で啓発、夏休、冬休終日各3回(6-7日)各小学校、PTAの皆様と啓発し、連合町内行事、運動会、冬雪の祭典、
丘珠神社、高等学校祭の啓発 丘珠町内全域巡回し安全旗の確認、冬の危険場所の連絡、補修等の活動をしています。

交通事故の現況は昨年は北海道死亡事故169人(昭和46年889人)、札幌市21名(平成2年121名)東区2名 丘珠地区については、3月12日現在、0更新をしています。
偏に町内の皆様、そして丘珠を通過されるドライバーの方の交通安全に御協力を頂いている賜と感謝し会員一同励みとなり啓発に力を注いでいます。皆様の御支援、協力をお願い致します。

本年、昨年札幌市21人の死亡事故の内10名の方が高齢者の方でした。その内7名の方が歩行中に事故にあい、この状況をかんがみ7月下旬高齢者の皆様の御協力を頂き交通安全教室を計画しています。後日御案内させて頂きます。宜敷くお願いします。
会員一同交通事故、死亡事故0をめざし運動して参ります。

平性27年度の行事予定

  1. 春、夏、秋、冬 安全週間街頭啓発
  2. 担当小学校 3校 夏休み、冬休み終了後の特別啓発
  3. 7月下旬 高齢者安全教室の実施
  4. 5月 8月ゴールデンウィーク、お盆終日深夜赤色灯回転啓発
  5. 連合町内会行事、丘珠神社祭典啓発(運動会、雪の祭典)
  6. その他適時啓発を対応予定
PAGETOP
Copyright © 2014 丘珠連合町内会 All Rights Reserved.