社会福祉協議会・福祉のまち推進センター

丘珠地区社会福祉協議会

所在地

事務所 丘珠ふれあいセンター内

電話

TEL 789-9202・781-4283
FAX 784-8250

沿革

平成元年12月20日札幌市(東区)の社会福祉法人「札幌市社会福祉協議会」傘下の任意団体として「丘珠地区社会福祉協議会」が発足する。

福祉のまち推進センター

所在地

事務所 丘珠ふれあいセンター内

電話

TEL 789-9202

沿革

平成11年3月12日札幌市(東区)は、地区社会福祉協議会の事業をより効果的かつ円滑に推進するため、地区社会福祉協議会ごとに設置「丘珠地区福祉のまち推進センタ-」が発足する。

目的

丘珠地区住民の社会福祉の増進を図り、明るく住みよい地域社会をつくることを目標とし、次の事業を行う。

事業

  1. 札幌市社会福祉協議会、札幌市東区社会福祉協議会との連絡協調。
  2. 地域内各種団体相互の連絡協調。
  3. 社会福祉事業に関する総合企画及び各町内会との連携。
  4. 共同募金、日赤社費募金等の社会活動への協力。
  5. その他本会の目的達成のために必要な事業の遂行。

地域福祉まち推進センターの設置

地区社会福祉協議会の事業を、より効果的かつ円滑に推進するため、地区福祉のまち推進センタ-を設置する。

構成

本会は丘珠連合町内会、単位町内会の会長・副会長、丘珠地区民生委員・児童委員協議会の会長・副会長、各種団体の会長及び学識経験者(当社会福祉協議会委員経験者を含む)等をもって構成委員とする。
推進センタ-に、前条の目的を達成するため、運営委員会を置く。
委員は、地区社協委員のうちから地区社協会長より委嘱を受けた者及び、単位町内会の福祉推進の代表者。委員の任期は2年とする。

役員

地区社協 34名

平成26年5月23日現在

役職名 氏名 備考
顧問 三澤清治 丘珠連合町内会 顧問
高橋豊 前民生委員総務
山本博 丘珠地区社会福祉協議会 前会長
会長 美ノ谷隆 丘珠連合町内会 副会長
副会長 西丸美恵 丘珠地区女性部連絡協議会 会長
齋藤重博 丘珠地区民生委員・児童委員協議会 会長
事務局長 大山秀夫 丘珠すずかけ町内会 前会長
事務局次長 三澤浩一 丘珠黄金町内会 会長
会計 細田純夫 丘珠連合町内会 監査
監事 小野隆伸 丘珠みどり町内会 会長
渡井俊春 丘珠もくせん町内会 会長
委員 阿達斉 丘珠第一町内会会長
三澤繁実 栄ケ丘町内会会長
清水馨 丘珠中央町内会会長
佐々木求 丘珠さつき町内会会長
森尾薫 さとらんど町内会会長
欠ノ下勝利 丘珠ひばり町内会会長
永井祐憲 丘珠新栄団地町内会会長
玉井勇 丘珠みなみ町内会会長
菊地和郎 丘珠みずほ団地町内会会長
駒込昌弘 玉宝団地町内会会長
鰐淵恒政 丘珠すずかけ町内会会長
安部節子 丘珠団地自治会会長
澤出博 丘珠こまどり町内会 会長
正司セツ子 丘珠地区民生委員・児童委員協議会副会長
岡嶋正明 丘珠地区民生委員・児童委員協議会副会長
山田ヨシ子 丘珠地区民生委員・児童委員協議会員
荒井昌子 丘珠地区民生委員・児童委員協議会主任委員
小野寺ユキコ 丘珠新栄団地町内会
高橋セツ子 丘珠新栄団地町内会
中野謙一 丘珠地区青少年育成委員会会長
鶴見幸則 東消防団丘珠分団長

地区福まち 24名

平成26年5月23日現在

役職名 氏名 備考
委員長 駒込昌弘 玉宝団地町内会
副委員長 西丸美恵 もくせん町内会
庄司セツ子 玉宝団地町内会
細田純夫 丘珠すずかけ町内会
事務局長 小野寺ユキエ 丘珠新栄団地町内会
事務局次長 鶴見幸則 丘珠5区町内会
山田ヨシ子 丘珠みなみ町内会
新井昌子 丘珠みなみ町内会
委員 阿達斉 丘珠第一町内会
岡嶋正明 栄ケ丘町内会
清水馨 丘珠中央町内会
相澤秀紀 丘珠さつき町内会
美ノ谷隆 丘珠5区町内会
森尾薫 さとらんど町内会
竹田信昭 丘珠ひばり町内会
三澤浩一 丘珠黄金町内会
高橋節子 丘珠新栄団地町内会
久保史子 丘珠みずほ町内会
嶋中智子 玉宝団地町内会
西村敏明 もくせん町内会
二ツ山則子 丘珠すずかけ町内会
長内昌枝 みどり町内会
張山 悦子 丘珠団地自治会
澤出博 こまどり町内会

地域の“絆”

丘珠地区社会福祉協議会・丘珠地区福祉のまち推進センタ-は、行政・地区内諸団体と連携し〈日常の見守りなどの活動〉・〈災害時の避難などの支援活動〉を丘珠地区【地域支え合い活動】ガイドを基に活動を重点課題として位置づけし、単位町内会と連携し情報を共有しながら、積極的な取組みを進めているところであります。

近年は、急速に少子高齢化が進み、一人暮らしの高齢者の増加、高齢者の孤立死問題の深刻化、振り込め詐欺などによる被害の増加など、福祉問題が多くみられるようになってきています。また、3・11東日本大震災を初めとする地震災害、豪雨災害、突風災害などの自然災害により高齢者や障害者などの「災害弱者」と言われる方々が多数犠牲になっています。このような痛ましい事故を防ぐためには、地域住民の支援活動が大切であります。

支援が必要な人がいます

単位町内会を支援母体として、一人暮らしの高齢者・高齢世帯・障害者の方々が住みなれた地域で安心して暮らし続けるためには、『日常の安否確認・見守り・交流・訪問・声かけ』など身近な地域住民の支え合いが大切であります。

災害時に犠牲となる方々の多くが、高齢者や身体に障害を持っている方であります。過去の災害の教訓として、災害発生直後一刻を争う事態では、公的支援が間に合わず(公助)隣近所など身近な人たちによる救出(共助)が、被害者を少なくしている事が明らかになっています。支援を必要とする人がいます。

このように災害時では、自分や家族の力だけで避難することが困難とされる『災害時要救護者』をいかに支援することが出来るかが、地域の大きな課題であります。

“福まち”交流活動のお知らせ

活動項目 活動概要 予定時期 摘要
広報啓発活動 広報誌発行
子育て情報誌発行
年1回
年一回
全戸配布
全戸配布
交流活動 健康講座
ふれあい入浴会
年1回
年1回
高齢者対象
70歳以上の独居者
高齢者見守り 随時 独居者・障害者
子育てサロン 年12回 子供・父母対象
健康づくり
ウォーキング他
随時 丘珠地区住民
機能強化 スマイル健康教室 年12回 65歳以上の高齢者
調査・研修活動 各町内会福祉委員
運営委員会委員
年4〜5回
随時
福まち役員・推進員等
各町内会長・役員・推進員等
東区社協・福まち研修 随時 福まち役員・推進員等
合同研修 年1回 社協・福まち・連長合同

資料等の提供

丘珠地区【地域支え合い活動】ガイド等の、資料を希望する方は、各町内会に申し込んで下さい。

PAGETOP
Copyright © 2014 丘珠連合町内会 All Rights Reserved.