使用規則

丘珠ふれあいセンター使用規則

目的

第1条 この規則は丘珠ふれあいセンター(以下「センター」という。)の使用及び管理について、必要な事項を定めることを目的とする。

使用承認

第2条 センターの使用承認を受けようとする者は、使用申込書により、別表に定める管理運営費を納付し、丘珠ふれあいセンター運営委員会(以下「委員会」という。)の承認を受けるものとする。
ただし、その使用がもっぱら公益のための会合であって、委員会の承認を得た場合には、管理運営費を減免することができる。
2 センターの使用に際し、特殊物件の搬入または特別の設備をしようとする場合は、あらかじめ委員会の承認を得なければならない。
3 委員会は、管理上必要があると認めたときは、その使用について条件を付すことができる。
4 札幌市が使用する場合、及び葬儀のために使用する場合は、特別な事情がない限り他に優先して認めるものとする。

定期継続使用の扱い

第3条 定期的に継続して使用を希望する申込みについては、使用する3ヶ月前から受け付けるものとする。

使用の不承認

第4条 センターの使用申込みまたは使用に際し、次の各号の一に該当するときは、使用の不承認、使用の停止または使用承認を取り消すことができる。
(1) 地域住民及び他の使用者に迷惑をおよぼすおそれがあるとき。
(2) センターの建物及び什器の備品等を毀損、破損または汚染するおそれがあるとき。
(3) 危険物や騒音・振動のあるもの、または大量の電力等を消費する機材を持ち込むとき。
(4) その他委員会においてセンターの使用目的を逸脱していると認めたとき。

休館日等

第5条 センターの開館時間は及び休館日は、原則として次のとおりとする。
(1) 開館時間 午前9時から午後9時までとする。
(2) 12月29日から翌年1月3日及び委員会が別に定めた日。
なお、委員会が事前に休館日を定める場合は、該当日の1ヶ月前までに告知するものとする。
2 前項の規定にかかわらず、使用についての特別の理由があると認めたときは使用を承認することができる。

暖房料

第6条 センター使用に際して、暖房を使用する場合は、別表に定める額を納めなければならない。

運営管理費等の還付

第7条 既納の使用料、運営管理費及び暖房料は、センターに損害を及ぼさない限り利用の変更・取消に伴う還付に応ずることとする。

賠償

第8条 使用者はセンターの建物及び備品を毀損・滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、やむを得ない事由があるときは、賠償額を減額または免除することができる。

その他

第9条 この規定に定めるもののほか、施行に必要な事項は、その都度委員会において定める。

附則

この規約は、平成13年7月1日から施行する。
この規約は、平成15年4月28日から施行する。

PAGETOP
Copyright © 2014 丘珠連合町内会 All Rights Reserved.